もっと知りたい婚約指輪のこと

婚約指輪は男性から女性へと結婚の約束の記念として送られる場合が多いものです。長く使用するモノであるため、デザインや付け心地で選ぶ人も多いようです。では、何故、婚約の時に指輪を贈るのでしょうか。古代ローマでは、結婚よりも婚約の方が重要視されていて、婚約の際に、鉄の輪を送っていたとされています。その鉄の輪が、金の輪になり、宝石付きの指輪に変化していったようです。

日本では、明治時代に婚約指輪が広まったとされています。また、婚約指輪を薬指に付けるのはどうしてなのでしょうか。それは、左手の薬指がにある血管が、直接心臓へとつながっているという古代エジプトの言い伝えから来ていると言われています。また、左手の薬指に指輪を付けることで、信頼と愛情を意味するとされており、その意味合いを強くするために左手の薬指に指輪を付けるようになったとされています。

婚約の指輪は一生に一度の宝物になります。このため、しっかりとこだわりを持って選んで、肌身離さず使用できると、男性の人も嬉しい気持ちになることでしょう。婚約指輪の人気のスタイルは、シンプルなデザインの「ソルティア」と、センターの石を飾るように小粒のダイヤを散りばめた「メレ付き」の指輪と、「パヴェ」と言われるメレダイヤを敷き詰めた指輪が人気の商品になっているようです。既製品の指輪を購入する人が多いですが、中にはフルオーダーやセミオーダーで指輪を注文する人もいます。オーダーメイドの指輪にする場合には、相手の趣味や希望に合わせて、早くから準備をする必要があります。