婚約指輪を作るタイミング

結婚を意識するようになると「婚約指輪」のことを考える人も多いのではないかと思います。婚約指輪について考える人の多くが、初めての経験のために良く分からない人も多いと思います。指輪の準備を進めてゆく時期も大切であり、指輪を準備するタイミングを間違えてしまうと予定が狂ってしまうかもしれません。このため、ここでは、婚約指輪を購入する時期について紹介をしていきたいと思います。

婚約指輪は、男性から女性へとプレゼントをする場合が多いとされています。中には、婚約の指輪は無くして、結婚に至るカップルも少なくはありません。しかし、誰しもが憧れる結婚であるため、結婚を意識し始めた日の記念として、婚約の指輪をプレゼントする方が女性の嬉しさも一入のことと思います。多くの男性が結婚のプロポーズの際に、婚約の指輪を渡してあげたいと考える人が多いです。そのため、婚約の指輪の購入の日は、2人の記念日やクリスマスや誕生日の日に行いたいと考える人が多いと思われるため、その日から逆算して指輪の購入の日を考える必要があります。時に、オーダーメイドの指輪を購入する場合には、作成の期間が掛かるため、注意が必要になります。また、最近ではオーダーメイドの指輪も既製品の価格と変わらなくなってきており、人気の商品となっているようです。

最後に婚約指輪を購入する時期は、既製品の場合が渡す日の1ヶ月くらい前が良いとされています。オーダーメイドの場合には、フルオーダーの指輪を作成する場合には、2か月から4か月くらい前に注文をしておくとよく、セミオーダーの指輪を作成する場合には、2か月半くらい前に注文をするとよいとされています。指輪にこだわりたい場合には、もう少し前に注文をしておく必要があります。

 

関連リンク:婚約指輪(エンゲージリング)フェア情報|ガラ おかちまち 御徒町・銀座・新宿・横浜元町のダイヤ・ルース・ジュエリー