婚約指輪の基礎

ここでは、婚約指輪の基礎について紹介をしていきたいと思います。結婚指輪との違いや、婚約指輪の価格の相場や、婚約指輪を贈るタイミングなどを紹介していきます。

まずは、婚約指輪との違いについて話をきていきます。結婚をするときに用意をする指輪には「婚約指輪」と「結婚指輪」の2種類の指輪があります。婚約指輪はエンゲージリングとも言われる指輪であり、結婚の約束を決めた日に、男性から女性へと贈る指輪になります。メインストーンに、固い絆と純粋な愛を象徴するダイヤモンドをあしらう場合が多く、美しく飾られた指輪を贈る人が多いことが特徴になります。結婚指輪は、結婚式で新郎と新婦が交換するペアの指輪になります。結婚式の後は、お互い左での薬指に指輪をする場合が多く、シンプルで指に馴染みやすいデザインのものを購入する人が多いです。

次に、婚約指輪の相場について話をしていきます。かつては給料の3か月分とされていた婚約指輪の相場になりますが、現在は、ペアで20万円から40万円くらいが相場のようです。婚約から結婚までには、3本の指輪が必要になります。このため、指輪の購入予算は計画的に考えておく必要があるようです。また、婚約指輪と結婚指輪を同じメーカーに揃えると統一感が増したり、満足度が増したりするようです。そして、婚約指輪を贈るタイミングは、多くの場合がプロポーズや結納の日までに準備をすることが多いです。挙式の半年くらい前までに、婚約の指輪を準備しておくことが望ましいとされています。